刺し子の基本

  • 刺し子とは?
  • 布・糸・針について
  • 刺し子糸の扱い方
  • 刺し子の刺し方
  • 伝統模様の紹介
  • 刺し子関連商品

布・糸・針について

布について

本来は補強や防寒のため、布を2枚あわせて刺すのが刺し子でしたが、手芸的な使われ方が多くなった現在では、表布1枚に刺すことが主流です。
刺し子には布目がつまり、適度に張りのある木綿が適しています。古くは藍木綿が主流でしたが、現代では用途により、麻、絹、毛、化学繊維なども使われます。

オリムパスNo.4500刺し子布

●オリムパスNo.4500刺し子布(綿100%)
(約110cm巾)

刺し子布/プリント

●刺し子布/プリント(綿100%)
(約110cm巾)
麻の葉、七宝、青海波が布に印刷されています。

生成

藍鼠

鉄紺

あづみ野木綿

●あづみ野木綿・・・35色(綿100%)
(約108cm巾)

糸について

写真:刺し子糸

基本的には綿素材を使用します。その他の場合は、布と同質の素材を使い、布地が薄い場合には細い糸、厚い場合には太い糸を使うと良いとされています。
刺し子糸には6本もしくは8本の細い糸が合わさっているもの(この細い糸を引きそろえてから刺すと、糸にふくらみが出て美しく仕上がります)と、1本よりのものがあります。 刺し子糸のほか、色彩豊かな25番ししゅう糸でも楽しむことができます。

●刺し子糸

  • 太(1かせ13m)・・・・白のみ-(1)
  • 細(1かせ18m)・・・・・・・10色-(2)

●刺し子糸(袋入り)1かせ20m

  • 単色・・・・・・・・・・・20色-(3)〜(11)
  • ボカシ・・・・・・・・・・3色-(12)〜(13)
  • ミックス・・・・・・・・・4色-(14)

●刺し子糸大かせ100(袋入り)1かせ100m

  • 単色・・・・・・・・・・・・・5色-(15)
  • ボカシ・・・・・・・・・・・・3色-(16)
  • ミックス・・・・・・・・・・・4色-(17)

針について

写真:刺し子針

刺し子には、針穴が大きく使いやすい専用針を使用することをお薦めします。
木綿の布には木綿針、絹の布には絹針というように、布や糸によって使い分けます。長さは指抜きの使い方で決まります。先の丸いクロス針は刺し子向きではありません。

その他用具について

写真:その他用具
  1. 糸切りばさみ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・刺し子糸を切るときに便利です。
  2. 裁ちばさみ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・布の裁断に使用します。
  3. 定規・・・・・・・・・・・・・・・・・・・図案を描いたり、布の裁断、仕立ての時に使います。
  4. コンパス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・曲線の図案を描くときに使います。
  5. トレーサー・・・・・・・・・・・・・・インクの出なくなったボールペンでもよいです。
  6. 水性チャコペンシル・・・・・・・・・・・・・・・布に直接図案を描くときに使います。
  7. チャコペーパー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・布に図案を写すときに使います。