Sashiko

布に線を描くように刺しゅうをする「刺し子」は、日本に古くから伝わる伝統的な刺しゅうです。
その素朴で美しい技法は、厳しい寒さの中、重ね合わせた布を丈夫で暖かいものにするために刺したことが始まりとされています。

「刺し子」を暮らしの彩りとして楽しむ
本来の防寒や補強の役割から、美しい伝統模様や愛らしいイラストを施された作品へと受け継がれ、今の暮らしの中に取り入れられています。
今日では一定の針目で刺し進むと美しい柄が浮かび上がる「一目刺し」が人気です。

Item List